人気ブログランキング |

<   2016年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

流行りもの

ソウルは街の変化がとても早くて、訪れる度に流行りものが目につくことが多い。
今回、あちこちのセブンイレブンのレジ横で、良く目にしたのが、このヨーグルトゼリー
英語表記はヨーグルトゼリーだけど、個人的にはヤクルトグミだと思う。

パッケージがパロディみたいに、ヤクルトそっくりで可愛いし、笑える。
バラマキ土産用に大量に買ってみたが、差し上げたどの人にも、けっこう喜んでいただけた。

しかも、中のグミ(ゼリー?)がヤクルト型していて、味も良し。
次回韓国に行く時には、また別の流行りものが生まれているだろうが、
今旬なのは、ヤクルトグミじゃないかな?
c0232025_21543224.jpg

by santakobo | 2016-08-26 21:42 | | Comments(0)

1日に2度のパッピンス

記事が前後するが、夏の韓国旅行では、毎日パッピンス(韓国カキ氷)が食べたくて~(^o^;)
しかし、なかなかタイミングが合わず、初日は断念。

2日目は、午前中に益善洞のカフェで柚子と小豆のパッピンス
そして、3日目はチャンスがないかもしれないと、2日目の夕食後にも、
ホテル向かい側のチョコレートショップで〆のパッピンス。
たっぷりの小豆ときな粉が美味。オマケにチョコレートもつけてくれた。
こちらのショップ「レオニダス」は、代官山にもお店があるらしい。
1日に2度パッピンス食べても、大丈夫な私のお腹に感謝♪

◆きな粉と小豆が美味しいパッピンス
c0232025_1619403.jpg

◆夜の明洞
c0232025_16195326.jpg

by santakobo | 2016-08-22 15:10 | | Comments(0)

食堂のキムチが美味

ソウル旅行最終日の朝食は、ホテル向かい側にある
24時間営業の神仙ソルロンタンへ。

朝7時だったので、並ばずに入れた。
私は、大きな餃子入りのマンドゥソルロンタンを注文。
この店は、テーブルにキムチ容器が埋め込まれていて、
大根キムチと白菜キムチがたっぷり入っている。
大根も白菜も大ぶりのままなので、お皿に取って、
キッチンばさみで一口大に切って食べる。

いつも感心するが、韓国のキッチンばさみは、おそろしく切れ味が良い。
大根キムチと白菜キムチをザクザク切って、食べ放題。
ソルロンタンも美味だが、キムチが格別に美味しい。爽やかな味。

しかし、個人的には仁寺洞スジェビのキムチがピカイチだったかも。
食堂巡りをして、キムチの味比べも楽し。
◆キムチたっぷり
c0232025_20424959.jpg

◆マンドゥソルロンタン
c0232025_2043056.jpg

by santakobo | 2016-08-21 11:05 | | Comments(0)
ちょうどお昼時の仁寺洞の路地裏。
辿り着いた「仁寺洞スジェビ」には、既に行列が出来ていた。
「並んで待つんじゃ~~~」と気持ちが萎えかかったが、
「せっかくここまで来たんだから」と思い直し、覚悟を決めて並ぶことにする。
店内を覗くと、テーブル席と床の席がほぼ満席で、
観光客というよりも、地元のサラリーマン風の人々が多い。

ラッキーなことに、あまり長く待たないうちテーブル席に案内された。
スジェビ2人分を注文すると、熱々のスジェビが、
すり鉢くらいに大きな陶器の壺(ハンアリ)に入って運ばれてくる。
キムチもでっかい壺に入っている。

スジェビは、2人で1人分でも十分では?というくらいの量で、
明らかに食べ過ぎだが、凄く美味しくて、頑張って頑張って~完食(*_*)
キムチも、スジェビに劣らずに美味!

これだけのボリュームで美味しくて、一人分約600円という安さ!
なるほど、サラリーマンも並んでも食べにくるわけだ~と納得。
お腹を空かせて、またいつか訪れたいオススメのグルメ。
c0232025_21103728.jpg
c0232025_21104962.jpg

◆雨混じりの仁寺洞
c0232025_2110599.jpg

by santakobo | 2016-08-17 19:27 | | Comments(0)
益善洞でお茶した後はスジェビ(すいとん)を求めて仁寺洞(インサドン)へ。
途中、音楽の街で有名な楽園洞を横切っていく。
ここは、トック(お餅)でも有名で、餅店も多い。
横断歩道を渡ると、もう仁寺洞。
益善洞から仁寺洞までは、ゆっくり歩いて10分くらいの近さだ。
いままでは仁寺洞のメインストリートを歩くことが多かったが、
スジェビの店は、路地を入っていく。
この路地も狭くてごちゃごちゃしていて、凄く好み。
◆楽園商街
c0232025_23285248.jpg

◆仁寺洞の路地
c0232025_23292675.jpg
c0232025_23293640.jpg

by santakobo | 2016-08-16 22:13 | | Comments(0)
益善洞をカメラにおさめて歩いていると、
突き当たりの壁面に、益善洞の案内図が掲げられていた。
見所はまだまだありそうだが、韓屋カフェ「トゥラン / 뜰안」でひと休みすることにした。

韓国に来たなら、やっぱりパッピンス
私は「柚子と小豆のパッピンス」を、夫は「冷たい五味子茶(オミジャチャ)」を注文した。

パッピンスをおいしく頂きながら、
横の壁に貼られた数枚の俳優らしきスナップ写真をよく見ると、
2人の男性のうち、1人は斎藤工だった!?
斎藤工と韓国俳優のドラマ撮影か何か?この店でロケがあったのかもしれない。
ひげの斎藤工は、益善洞に良く似合っていた。
(追記:このお店は、日韓合作映画「カフェ・ソウル」の撮影現場だったことを
教えていただきました。町子さん、感謝。)
c0232025_21525377.jpg
c0232025_21532192.jpg

c0232025_16355093.jpg
c0232025_1636298.jpg
c0232025_16361114.jpg

by santakobo | 2016-08-15 20:59 | | Comments(5)
今回のソウル旅の主な目的は、朝鮮時代の韓屋が残る益善洞(イクソンドン)を訪ねること。
ソウル駅から地下鉄を乗り継いで、5号線の鐘路3街(チョンノサムガ)で降りる。
4番出口を出ると、目の前の横断歩道の先に、韓屋群が見える。
すぐそこが、軒の低い懐かしい韓屋が連なる益善洞だ。

日本でいう古民家カフェのようなもので、韓屋をリノベーションしたカフェ等が多く、
地元の若者にも、最近人気のスポットだ。

有名観光地の仁寺洞からも近く、
レトロモダンな韓屋の街並みは、今後ますます変化を加速させそうだ。

◆地下鉄構内 楽園洞の看板
c0232025_14541724.jpg

◆益善洞の街並み
c0232025_14562469.jpg

◆韓屋を活かしたカフェ
c0232025_1457640.jpg

by santakobo | 2016-08-15 08:58 | | Comments(0)

未生(ミセン)ビル

ホテルからソウル駅までのシャトルバスを利用して、車窓からの街並みの景色を楽しんだ。
ソウル駅向かい側のソウルスクエアビルは、ドラマ「未生(ミセン)」のロケ地となった場所。

未生は、企業における働き方や人間関係の機微を描き、
一人の青年の懸命に生きる姿を通して、見る側に夢や希望を感じさせてくれるドラマ。

身近にありそうな設定でありながら、ストーリー展開が絶妙で、
思わず引き込まれてしまうのが、韓国ドラマの巧さ。

何よりも、一人ひとりのキャラクターが個性的で魅力的。
舞台となったキラキラビルを見つめながら、しみじみとした想いに至る。
右側の警察署屋上のモニュメントも、ユニークで注目ポイント。
c0232025_1857787.jpg

by santakobo | 2016-08-14 09:01 | | Comments(0)

朝は定番の味加本のお粥

ロイヤルホテルの向かい側、ビルの2階にお気に入りの粥店「味加本(みかぼん)」がある。
8時の開店と同時に入店すると、私たちが一番乗りだった。

私は「海老とブロッコリーのお粥」、夫は「シイタケと牡蠣のお粥」を注文。
つい、いつも同じメニューを選んでしまう。
男性は、同じ値段で大盛にすることができる。
店員さんに頼めばパンチャン(おかず)のおかわりもオーケー。

運ばれてきたお粥は、美味しくてヘルシー。観光客に人気の店だ。
出来立てのお粥は熱々で、口の中を少々やけどしてしまった。
c0232025_1529052.jpg

by santakobo | 2016-08-13 15:29 | | Comments(0)

ロイヤルホテルソウル

ソウルの常宿は、明洞のソウルロイヤルホテル。
改装のため、しばらく休館中だったが、今年リニューアルオープンし、
名称もロイヤルホテルソウルと、順番が入れ替わった。

大きく変わった点は、まずロビーの広さ。空間が広がり、内装もシックで重厚なイメージにグレードアップ。
驚いたのは、セキュリティが強化されて、エレベーターに乗る時にカードキーをかざしてから
降りる階のボタンを押さないと、エレベーターは動かない。
カードキーなしには上階に登れないシステムだ。
最近は、日本でも同様のシステムが増えてきているらしい。安全安心の強化。

少し残念だったのは、空港とホテル間のシャトルバスの本数が減って、
代わりに、ソウル駅とホテル間のバスが頻繁になったこと。
空港鉄道の利用者が増えたからかもしれない。

試しに、2日目の朝、ホテルからソウル駅までのバスに乗ってみたところ、
約20分でソウル駅1階の裏手に到着した。
ソウル駅でチェックインして仁川空港まで行く場合には便利そうだ。
c0232025_0372849.jpg
c0232025_0373992.jpg

by santakobo | 2016-08-10 23:42 | | Comments(0)

手作りと韓国好きのkuroの  ゆる~い日常


by kuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31