お焚き上げ

2か月近く更新をサボってしまいました。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
暮れに風邪を引いて寝込んだりしたのですが、それ以外は元気でした。
更新のないサイトにもかかわらず、毎日多くの皆様が覗いてくださったようで恐縮です。
ありがとうございます。
少し気持ちを入れ替えて、ブログもコンスタントに更新していかねば!

1月14日は、近所の今泉八坂神社お焚き上げが行われました。
闇夜に浮かぶオレンジ色の炎は、惹きつけられますね。
我が家では、1年間お世話になったダルマや縁起物をお願いしました。
昼間に夫が購入した繭玉は、緑・白・ピンクのお餅が春近しと感じられます。
c0232025_00212112.jpg
c0232025_00212834.jpg
2日に引いた干支みくじ大吉だったので、
節分過ぎたら、良いことあるかな。
c0232025_00213669.jpg

# by santakobo | 2019-01-15 00:32 | 四季の彩り | Comments(0)

茶筒リメイク

我が家の手芸材料の中から、「和柄ちりめん粘着シート」なるものを発見。
紙のお茶筒に貼ってリメイクしてみようと・・・
いやいや想像以上に簡単にできて、印象アップ。
お茶の時間が楽しくなりました♪
c0232025_22341940.jpg
c0232025_22342988.jpg



# by santakobo | 2018-11-26 22:34 | 手仕事 | Comments(0)
話が前後しますが、10月29日(月)~30日(火)に、信州一泊旅行に行ってきました。
いつも松本は通過してしまうだけだったので、松本市内を歩くのが目的の一つ。
まずは、安曇野の「大王わさび園」に寄って、生のわさびなど購入しました。
c0232025_15545213.jpg
わさびアイスクリーム
c0232025_15562041.jpg
中町通りの工芸店
c0232025_15571021.jpg
中町通りを歩いた後は、松本城へ。凄く久しぶりでしたが、外国人観光客が多いです。
宿泊は、松本市内からすぐの浅間温泉
翌日は、松本市美術館へ。松本出身の草間彌生さんの常設展示がありますが、
外観からして草間ワールド全開で、度胆を抜かれました。
ここも、中国人観光客が大型バスで訪れていました。中国でも人気ありますね。
草間さん、御年91歳!そのパワーに圧倒されるばかりです。
c0232025_15573520.jpg
c0232025_15574401.jpg
美術館の後は、旧開智学校へ。クラシックな建物が素敵です。
隣の敷地には、現在の開智小学校があり、子どもたちの元気な声が聞こえていました。
c0232025_16043515.jpg
松本市を後にして上田へ。「刀屋」にて、もりそばの昼食。夫は普通盛りを注文しましたが、
一般のお蕎麦屋さんの3倍の大盛りです。凄く美味しい!
c0232025_16062753.jpg
上田駅近くの老舗「みすゞ飴本店」へ、生のみすゞ飴のあんみつを目当てに行きました。
本店の建物も重要文化財指定で、店内は重厚な雰囲気です。
c0232025_16063431.jpg
帰りは、横川サービスエリア「峠の釜めし」を購入。
家に帰って、夕食に食べました。不変の美味しさです!紅葉はまだ早かったですが、充実の旅でした。
c0232025_16064166.jpg



# by santakobo | 2018-11-19 16:38 | | Comments(0)

干し柿完成!

渋柿を干してから約2週間。
幸運にも晴天が多かったので、干し柿がいい感じに仕上がりました!
食べてみると、外側は程よく固く、中身は半生みたいで甘~い。
初めてにしては、凄く良く出来たと自画自賛。
職場の仲間や実家におすそ分けしたりしています!(^^)!
天然生活、また一つレパートリーが増えました。
c0232025_16364961.jpg
c0232025_16365684.jpg



# by santakobo | 2018-11-07 16:37 | 手仕事 | Comments(0)

干し柿づくり

義母から、大きな渋柿をもらい、初めての干し柿づくりに挑戦しました。
便利なもので、「干し柿 作り方」でネット検索すると、沢山ヒットします。
U-tubeにも出ているので、動画で見ると、作り方が良く分かります。
人によって様々な作り方があるようですが、自分に合いそうなものを見つけて・・・
まずは柿を洗い、包丁でへたの周りを剥き、実はピーラーで剥きます。皮を残さないのがコツ。
c0232025_20102934.jpg
大きな鍋に水を入れて火にかけておきます。義母からの助言で、消毒のため、酢を大さじ1杯入れました。
60㎝くらいに切ったビニールひもの両端に、柿を結びつけますが、
小さなお茶碗の上に柿を乗せてひもを結ぶと、作業が楽です。ひもは1回結ぶだけです。
100均のセリアで、トリコロールカラーのビニールひもを見つけて購入。
ひもが可愛い(ってそこかい!という声も・・・汗)
c0232025_20143881.jpg
鍋のお湯が沸騰したら、ひもで結んだ柿を鍋に入れて、10秒くらい茹でます。
1回に4個くらい入れて引き上げたら、再度お湯が沸騰してから、次の柿を入れます。
柿は、軒下の風通しの良いところに、ひもを交互にずらして、柿の実どうしが触れ合わないように吊るします。
雨にあたるとカビが生えてしまうので、雨の日は家の中に入れましょう。
我が家では、夫を干し柿観察大臣に任命し、明日から干し柿の面倒を見てもらうことにしました。笑
さて、初めての干し柿づくり、成功するか!?楽しみです♪
c0232025_20292561.jpg
c0232025_20293374.jpg



# by santakobo | 2018-10-22 20:36 | 手仕事 | Comments(0)

手作りと韓国好きのkuroの  ゆる~い日常


by kuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31