干し柿完成!

渋柿を干してから約2週間。
幸運にも晴天が多かったので、干し柿がいい感じに仕上がりました!
食べてみると、外側は程よく固く、中身は半生みたいで甘~い。
初めてにしては、凄く良く出来たと自画自賛。
職場の仲間や実家におすそ分けしたりしています!(^^)!
天然生活、また一つレパートリーが増えました。
c0232025_16364961.jpg
c0232025_16365684.jpg



[PR]
# by santakobo | 2018-11-07 16:37 | 手仕事 | Comments(0)

干し柿づくり

義母から、大きな渋柿をもらい、初めての干し柿づくりに挑戦しました。
便利なもので、「干し柿 作り方」でネット検索すると、沢山ヒットします。
U-tubeにも出ているので、動画で見ると、作り方が良く分かります。
人によって様々な作り方があるようですが、自分に合いそうなものを見つけて・・・
まずは柿を洗い、包丁でへたの周りを剥き、実はピーラーで剥きます。皮を残さないのがコツ。
c0232025_20102934.jpg
大きな鍋に水を入れて火にかけておきます。義母からの助言で、消毒のため、酢を大さじ1杯入れました。
60㎝くらいに切ったビニールひもの両端に、柿を結びつけますが、
小さなお茶碗の上に柿を乗せてひもを結ぶと、作業が楽です。ひもは1回結ぶだけです。
100均のセリアで、トリコロールカラーのビニールひもを見つけて購入。
ひもが可愛い(ってそこかい!という声も・・・汗)
c0232025_20143881.jpg
鍋のお湯が沸騰したら、ひもで結んだ柿を鍋に入れて、10秒くらい茹でます。
1回に4個くらい入れて引き上げたら、再度お湯が沸騰してから、次の柿を入れます。
柿は、軒下の風通しの良いところに、ひもを交互にずらして、柿の実どうしが触れ合わないように吊るします。
雨にあたるとカビが生えてしまうので、雨の日は家の中に入れましょう。
我が家では、夫を干し柿観察大臣に任命し、明日から干し柿の面倒を見てもらうことにしました。笑
さて、初めての干し柿づくり、成功するか!?楽しみです♪
c0232025_20292561.jpg
c0232025_20293374.jpg



[PR]
# by santakobo | 2018-10-22 20:36 | 手仕事 | Comments(0)

唐辛子のキッチン飾り

10月になったというのに、今日も暑かったです。
しかし、明日の宇都宮の最高気温は32度? あ~10月で30度超えとは!?
何より、服装に困りますね。明日は半袖だなあ~まだ夏を引きずっている。汗

さて、先日、鹿沼市の「まちの駅新鹿沼宿」で、唐辛子を縄で編んだ吊るし飾りを買ってきました。
キッチンに下げて、唐辛子は料理にも使えるもの。
この吊るし飾りをどうしても作りたくて、ネットで検索したら、作り方が載っていました。
ネットって、本当にありがたい。何でも見つかりますね。
c0232025_22024240.jpg
そこで、早速私も作ってみることに・・・
赤唐辛子は束で買ったものがあったので、それを使い。
縄の代わりは、100円ショップでラフィア(紙でできたひも)を見つけました。
c0232025_22025071.jpg
1作目は、おそるおそる。でも、なんとか出来ました。
2作目は要領が分かり、抑えながら編みながら、1作目よりきっちりと出来ました。
最後の結び目のラフィアを薄く広げてリボンにしてみましたが、ちょっと似合わないかな。
夫に見せたら、案の定「リボンはないほうが良い」と言われ、後からほどきました~笑
c0232025_22030087.jpg

[PR]
# by santakobo | 2018-10-06 22:04 | 手仕事 | Comments(0)

栗の渋皮煮

なぜか、さっき入力したと思った内容が消えてしまった~(>_<)

気を取り直して・・・

大きな栗を頂いたので、栗の渋皮煮に挑戦しました。
細心の注意を払って鬼皮を剥いて、しかし、傷をつけてしまって半分は、栗ごはんに回そう。
結局、渋皮煮になったのは10個の栗。

重曹を入れたお湯で静かに茹でて、水を取り替える都度、
渋皮のケバケバをやさしく洗い流して、4回繰り返すと、渋皮の表面がつるっとなります。
最後は、砂糖300gを入れたひたひたの水に、栗を入れてしばらく煮たら出来上がり。
手間がかかりますが、上手くできると嬉しい。

女優の樹木希林さんが、昨日亡くなっていたと、今日知りました。75歳は、まだ若い。
大好きな女優さんだったので、悲しくて残念でなりません。
希林さんの生き方、とても素敵で憧れます。韓国への骨董捜しの番組も大好きだったなあ。
ご冥福をお祈りいたします。
c0232025_23331120.jpg
c0232025_23331842.jpg


[PR]
# by santakobo | 2018-09-17 00:00 | 手仕事 | Comments(0)

栃の実リサイクル

今夜は、大型台風21号の影響で、栃木県でも雨風が強いです。
西日本の被害が大きくならないことを願うばかりです。

先月も立て続けに台風がやってきて、栃の木から栃の実が沢山落下してしまいました。
固い皮に覆われた未熟な実が気の毒だったので、拾い集めて、数年前にも作った「とちまるくん」に変身させることに。
凝り性なもので、作り出すと途中でやめられず、夜なべして13人の「とちまるくん」が完成!
自然のものだから、縮んだり歪んだりしてますが、ご愛敬。可愛いな~~と眺めて自己満足に浸っています。

今日の夕方も、職場からの帰り道、道路に落ちている栃の実を拾ってしまいました。
明日の朝も、この雨風で落ちているかもしれませんね~また拾ってしまいそう。

◆とちまるくんの作り方
①栃の実は、皮からはずして、ぬれた布で表面の汚れを拭き取ります。
c0232025_23210592.jpg
c0232025_23211437.jpg
②顔の部分は黒ずんでくるので、肌色のアクリル絵の具を塗りました。
c0232025_23212186.jpg
③黒と赤の油性サインペンで、目と口、ほっぺを描きます。
c0232025_23212981.jpg
④「とちぎ」のハチマキを頭に巻き、栃の葉に見立てた緑のスパンコールを横に貼って完成!
(緑色のスパンコールが無かったので、表面を緑色のペイントマーカーで着色しました。)
c0232025_23213650.jpg

[PR]
# by santakobo | 2018-09-04 23:46 | 手仕事 | Comments(0)

手作りと韓国好きのkuroの  ゆる~い日常


by kuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30