トチノキ

栃の木をご覧になったことがない方がいらっしゃるようなので、
私の分かる範囲で、少し紹介しますね。間違ってたら、すみません。

トチノキは、栃木県の県木です。
成長すると高さ25メートルくらいになる大木で、6~7枚?の大きな葉が特徴的。
春には赤や白の花が咲き、秋には厚い皮に包まれた丸い実がなります。
フランスにもトチノキに似た樹木があり、マロニエ(西洋トチノキ)と呼ばれています。
私がいつも見ているトチノキも、日本のものと西洋のもの、両方あるかもしれません。
とちまるくんが頭に着けているのがトチノキの葉っぱなので、
「とちまるくん公式ホームページ」も見てくださいね。
c0232025_2317144.jpg

今は実が落ちた後で、葉っぱが茶色くなって落ちてきて、
道路清掃の人を悩ませています~(^^;)
栃の実を土に植えると芽が出るようですが、
あまりにも大木なので、家庭で育てるには不向きですね。
栃の実は、「とちもち」や「栃の実焼酎」などに加工されることがありますが、
一般家庭で調理して食べるのは難しいです。
c0232025_23184761.jpg

[PR]
by santakobo | 2014-10-06 23:26 | 四季の彩り | Comments(0)

手作りと韓国好きのkuroの  ゆる~い日常


by kuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31