小林カツ代さんのケーキ本

料理研究家の小林カツ代さんが亡くなった。

小林さんには、もちろん一度もお会いしたことはないけれど、
私がお菓子づくりを始めるきっかけとなった本の執筆者である。

この本を手に入れたのは、もう30年も前になるが、
本の内容を読んだだけで、小林さんの明るい性格や愛情の豊かさ、聡明さ、料理センス、遊び心等々が
ひしひしと伝わってきて、当時はカルチャーショックを受け、
この本にあるレシピを片っ端から再現する勢いで、ケーキづくりに凝っていた。
まるで一方的な話だが、私にとって、小林さんは、いわばケーキづくりの「師」に当たる。

小林さんは、男の子(ケンタロウさん)と女の子、年子の小さなお子さんを抱えて、
仕事と家庭と育児に奔走されていたころ、
少しの合間を縫ってでも、「子どもたちに美味しいケーキを食べさせたい!」という一心から、
この「楽々ケーキづくり」法を考案されたのだ。

実にステキな話である。

私がこの本を見て作ったケーキは沢山あって、特にスポンジケーキのページが汚れている。
卵白を泡立てて作るスポンジケーキは、この本を見て作ったのが初めてだったと思う。

小林さんは、生前、「自分は死んでもレシピは残る」と周辺の方におっしゃっていたそうだが、
私の手元にも、貴重なレシピが残った。

この本を久しぶりに本棚から取り出してみて、小林カツ代さんのステキな笑顔はもう見られないが、
このレシピで再びケーキを焼いてみたいと思った。

ご冥福を心からお祈りいたします。
c0232025_23254339.jpg

c0232025_2325589.jpg

[PR]
Commented by 町子 at 2014-02-04 22:49 x
kuroさんもやっぱり?...私も家庭料理の師を仰ぐ方でした
この本、私も持ってるよ、気軽に始められるのが楽しかったものね
おかげで料理やお菓子作りは楽しいものだと実感出来たから (^_^)
ちなみに、今日もお店で退職祝いのケーキを焼いて来ました
サービスなので苺を使えないのが残念だけど...(^_^)
Commented by santakobo at 2014-02-05 22:04
は~い、町子さん。「師」と扇ぐ方も一緒でしたね。笑
同じ本をお持ちでしたか~
知人に薦められてこの本を買ったけど、本当に目からウロコのケーキづくりでしたよ。
そうね。小林カツ代さんからは、楽しさを伝えられたのが大きいね。

町子さんは、頻繁にケーキづくりされてるから、素晴らしいわ。
私は最近、材料を買うところから出遅れてしまって・・・汗
ケーキは焼かないけど、イチゴは頻繁に食べてますよん(^^;)
by santakobo | 2014-01-29 23:26 | 食いしん坊 | Comments(2)

手作りと韓国好きのkuroの  ゆる~い日常


by kuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31