気仙沼~一関1泊旅行

しばらくブログが眠っていましたが、元気です。
ゴールデンウィークは、ほぼ地元でおとなしくしていました。
時期を少しずらして、5月14~15日、夫と二人で宮城県気仙沼市~
岩手県一関市の1泊旅行に出かけました。
たった1週間の違いなのに、気仙沼に行った時は、雨まじりの曇りで寒かった~!
気温12度くらいでした。昨日の宇都宮は33度!?だから、20度以上も違うではありませんか。

気仙沼に行く途中、南三陸さんさん商店街に立ち寄りました。
3月に、仮設から移転オープンした商店街です。
日曜日のお昼だったからか、どの飲食店にも行列ができていました。
私たちが並んだ店では、この時期人気の限定50食のウニ丼が、オープン30分で完売とのこと!
私は海鮮丼、夫はたこつぼセット(ラーメンとタコ飯)を注文。
c0232025_00162136.jpg
商店街の周り、高い場所には建物がありますが、
低い土地には建物が少なく、大震災からの復興工事だらけです。
6年経っても、復興はまだまだだと思いました。
震災で水没した南三陸町の防災庁舎の鉄骨を見て、胸がつまりました。
現実を見て震災を忘れないことと、わずかでも、地元でお金を使うことが自分にできること。
南三陸町、また行こうと思いました。

翌日は、岩手県一関市で、お餅づくしの昼食を食べることにしました。
一関市には餅文化があり、年間60回以上のお餅の行事があるそうです。
蔵元「世嬉の一」のレストランで、餅づくしの果報もち膳を頂きました。
9つの餅のどれかに萩の小枝が入っており、最初に当たればその日がラッキー!
残念ながら、夫に譲ったお餅に幸運の小枝が入っていました。
小枝を神棚に上げるとお金に変わるという言い伝えがあるそうなので、家の神棚に上げました。
c0232025_00162986.jpg
食事後に、売店であれこれお土産を買いましたが、量り売りのお酒もあって、
とても綺麗なビンに入れて、オリジナルのラベルを貼れるので、プレゼントに良さそうです。
我が家は、にこにこ顔のお猪口と、塗りの升、陶器に入った漬物用の酒粕を購入。
「世嬉の一」は、豪華列車四季島のコースにも入っているそうですよ。とても素敵な場所でした。
c0232025_00163959.jpg
c0232025_00164612.jpg
c0232025_00165362.jpg






[PR]
by santakobo | 2017-05-23 00:11 | | Comments(0)

手作りと韓国好きのkuroの  ゆる~い日常


by kuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30